言語学習に特殊な才能は必要ありあません。刷り込み作業を粘り強く反復的に継続することです。

米山進学ゼミはそのために、どこにも負けない質と量のトレーニングを提供します。

理解だけでは忘れてしまう

わかりやすい解説で理解したはずなのに、時間が経つと曖昧になってしまう。

数か月前の定期テストでは正答したのに、模試になるときちんと答えられない。

こういう悩みを抱えている受験生は多いはずです。

そもそも理解したらそのまま憶えられると勝手に思い込んでいるのではないですか。

それは大きな間違いです。理解=記憶と勝手に思っているだけです。

もしくは、一回記憶したら、知識は色あせないものだと疑っていないのではないですか。

それも大きな勘違いです。好きな歌でも何度も歌って憶えたのではないですか。

理解と定着の間には距離があり、この距離は人によって様々です。

自分にとってのこの距離を客観的に捉えることから受験勉強は始まります。

記憶してはじめて知識になる

学習では、「理解すること」が100%そのまま「記憶すること」にはなりません。

たまに見たことをすぐに記憶できる人がいますが、それはあくまでも特別な人です。

大多数の受験生は、知識の定着に苦労して、覚えるための方法を模索しているのです。

逃げないでその問題に真正面から取り組み、自分にとって最適な学習方法を取り入れることができる受験生が成績を大きく伸ばし、第一志望大学合格にいっきに近づくことができるのです。

映像授業の解説を繰り返し聴く、わかるまで講師に質問する、問題集を何回転も解く、徹底してリスニングと音読に励む、暗記用のノートを何冊もがむしゃらにつぶす、学習の質を高める、学習量でカバーする…

どの選択肢もやってみるだけの価値はあります。

言語習得に反復トレーニングは必須

少なくとも普通の頭脳とっては、情報は反復しなければ知識として定着しません。

放置しておけば理解は色あせて、いつかは消えてなくなります。

理解を知識にまで成長させ、自由に使いこなせる道具にまで高めたいものです。

米山進学ゼミは、指導プロセスの全体を通じて、指導・記憶・再生・確認の4ステップを日常的に頻繁に繰り返し、塾生の記憶の定着に取り組んでいます。

一回でも説明したことは憶えていなければいけません。だから後日の指導で必ず塾生に問いなおします。

さらに忘れた頃に別の角度で説明し、これを日を置いて再び問いなおします。

口答テストや筆記テストを実施するのも記憶に負荷をかけ続けるのが目的です。

これらはとても地味な印象を与えるかもしれませんが、学習とは元々そういうものです。

憶えたことが実感できると気持ちがいいものです。